ニコス(三菱UFJニコス) 過払い請求 対応状況 2018年

ニコス(三菱UFJニコス)の2018年最新過払い金回収状況(回収率125% 回収期間10.2ヶ月)を掲載。平均回収金額・最高回収額に加え、倒産の可能性・訴訟後の対応も千葉 船橋・柏リバティ法律事務所の弁護士が解説。

ニコス(三菱UFJニコス)の概要

ブランド名
NICOSカード、MUFGカード、DCカード、UFJカード
旧会社
日本信販

ニコスは三菱東京フィナンシャル・グループの子会社ですので、倒産のおそれはないでしょう。

過払金のある方は、「ニコス」という名前よりも「日本信販」という名前で認識されている方が多いですね。
2007年にディーシーカードを吸収合併しているので、同社に対する過払金についてもニコスに請求することになります。
複数枚のカードを持っている場合には、過払金が多く発生しています。

ニコス(三菱UFJニコス)に対する過払い金請求の回収率・期間について

最終更新日
平均回収金額
(依頼者1人につき)
1,275,082円
最高回収額9,090,000円
最低回収額20,678円
※2011年2月以降110件 のデータに基づきます。
直近5件のデータ
解決方法和解
平均回収率*119.40%
平均回収期間
(依頼から入金まで)
10.14ヶ月
* 引き直し計算後の過払い元金を100%として計算
依頼から訴訟提起2.2ヶ月(65日)
訴訟提起から和解6.9ヶ月
和解から入金3.3ヶ月

対応状況

取引履歴の開示はセディナに次いで遅く、おおむね1ヶ月以上かかります。
平成7年1月以前の取引履歴については、破棄したとして出してきません。
この取引履歴を出してこないことが原因で、平成7年1月以前から取引のある方の場合、後述のように多数争いになっています。

訴訟外で請求書送付した場合、対応が非常に遅く、支払額も減額を求めてきます。
そのため、全件訴訟対応になっています。
訴訟提起後の対応は、あまり争うことはありません。
ほとんどのケースでは第1回期日前に和解をすることになります。                             
分断、遅延損害金、悪意の受益者といった無駄な主張は一切せず、満額での和解が成立しています。                             
受任から半年かからずに解決するケースがほとんどです。

しかし、平成7年1月以前から取引がある方のケースは違います。  
上記のような履歴不開示部分については、弁護士の方で推定計算を行なった上で訴訟提起します。
推定計算の部分があると、ニコスはほぼ必ず代理人をつけて争ってきます。                            
上記のような履歴不開示部分については、弁護士の方で推定計算を行なった上で訴訟提起します。
その後、金額確定のために3〜4回程度の期日がかかることが多いです。
この際、依頼者の方が平成7年1月以前のニコスとのやりとりが記載された通帳や借入明細等をお持ちであると、解決しやすくなります。
時間はかかりますが訴訟と並行して平成7年1月以前の過払金を一部認める形での和解案を提示してくることが多いので、判決まで至ることは少なくなっています。                            
ただ、一部認める額がどの程度かが問題になり、ニコス和解案があまりに少額な場合は長引くケースもあります。                            
なお、和解時には和解から3〜4ヶ月後の入金日を指定してくることが多いのですが、予定入金日より1週間程度早く支払ってきます。

直近の対応状況

入金日解決方法回収期間(月)回収額過払い元金回収率
2018/07/11和解5.43\236,000\170,925138.07%
2018/05/17和解18.73\1,850,000\2,132,00386.77%
2018/05/15和解10.67\1,940,000\1,408,852137.70%
2018/05/15和解8.57\1,062,000\772,638137.45%
2018/03/16和解10.77\2,150,000\1,858,505115.68%
* 法律上の争点あり,**相続案件

ニコスの会社概要

ブランドニコス
企業名三菱UFJニコス株式会社
URLhttp://www.cr.mufg.jp/
本社所在地東京都千代田区外神田4-14-1
資本金1,093億1,249万3,706円
貸金業者登録番号関東財務局長(10)第00115号
グループ株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
関連DCカードグループ
UFJカードグループ
カードビジネスサービス株式会社
株式会社カード・スタッフサービス
株式会社ジェイエムエス
日本信販株式会社

事業内容は、シュイング事業(クレジットカードの発行、各種サービスの提供)、ファイナンス事業(キャッシング、リボルビング・分割払、カードローン)、アクワイアリング事業(加盟店様への決済ソリューション)、プロセッシング事業(銀行本体発行、FC、自社カード発行のクレジットカード業務の受託)。

ページのTOPへ

問い合わせ

船橋事務所

  • 弁護士法人やがしら
    船橋リバティ法律事務所
  • 〒273‐0011
  • 千葉県船橋市湊町2-1-2
  • Y.M.Aオフィスビル3F
  • 京成線 京成船橋駅より
    徒歩7分
  • JR総武線 船橋駅より
    徒歩9分

アクセス

柏事務所

  • 弁護士法人やがしら
    船橋リバティ法律事務所
  • 〒277-0842
  • 千葉県柏市末広町5-16
  • エスパス柏ビル5階
  • JR常磐線・東武野田線 柏駅
    徒歩3分

アクセス